会員専用ページ
ログイン
はじめてのお客様へ 新規会員登録はこちら
商品検索

ショッピングカートを見る
売れ筋商品
メールマガジン
メルマガ登録・解除はこちら
情報ページ
rss atom
ホーム ブーヤ (BYSJ38)
スイミングジグ 3/8oz
スイミングジグ3/8oz
(BYSJ38 68)Tinfoil
スイミングジグ3/8oz
(BYSJ38 68)Tinfoil
HOOK:4/0

ここ数年間、トーナメントでも非常に注目されたのがスイミングジグであった。基本的にはスピナーベイトだと思って使う感覚が良い。つまり、通常のジグよりは数段早いスピードでリトリーブするのだが、なんと言ってもキーポイントはゾーンコントロールだと思う。アメリカで、今、最も話題を集めるバスプロ、ティム・ホートンが大好きなスタイルだ。スイミングジグのキモはゾーンとリトリーブ・スピードとのバランスだ。2007年度新製品として、3/8オンスがラインナップに加わることによって同じリトリーブ・スピードならば更に浅いゾーンを狙うことが出来る。また、同じゾーンを狙うのであれば、リトリーブ・スピードを落とすことが出来るので悔い渋るランカーに対してアプローチの幅を広げることが出来る。最近ではブレード付きのスイミング・ジグに話題の中心は移っていったが、今でもトーナメント界ではアローヘッドのノン・ブレード・スイミング・ジグは必要不可欠なルアー・カテゴリーとなっている。そこで2008年度は完成度を高めるために1/4オンスと言うシャローの超ヘビー・カバー周りで必ず使用頻度が上がってくるサイズを今までのライン・アップに追加することとなった。バンク・フィッシャーマンにとっても嬉しいサイズだと思う。スイミング・ジグを使いこなすためのタックル設定は6フィート半を超える少し長めで、パワーもミディアム・ヘビー位を選ぶと良い。もちろん、ラインは最低でも20ポンド、出来れば25ポンド位を使うと良い。ちなみにティム・ホートンを始めとするバス・プロ他との多くは7フィートのロッドを使っていることが多い。
【ヒロ内藤のワンポイントアドバイス】

・ 型番
1-719339114738
・ 販売価格

626円(本体580円、税46円)

・ 購入数